バイク保険の活用のコツ

バイクのオーナーになると、バイク保険に加入をしないといけません。バイク保険には大きく分けて2つの種類があります。それはバイク任意保険とバイク自賠責保険といわれる2種類の保険です。
バイク自賠責保険は、バイクの所有者は必ず加入をしなければならない保険です。このため強制保険とも呼ばれることがあります。ただし自賠責保険だけでは限界もあります。

バイク自賠責保険の場合、保障されている内容は事故を起こし自分が加害者となった場合にのみ適用されます。しかも人を傷つけてしまったときのみしか対応することはできません。
ですからもしも単独で事故を起こして、ガードレールなどを破損してしまった場合もその補償を受けることができなくなります。また事故を起こした場合に自分もけがをする可能性があります。また自分のバイクに破損が及ぶことも考えられます。しかしこのいずれのケースについても自賠責保険では補償を受け取ることができないのです。
しかも対人賠償保険は自賠責保険には確かに含まれています。ただし最高で3000万円しか補償が出ません。それ以上の賠償が発生した場合には自分で負担をしないといけなくなります。ですから自賠責保険では事故の多くの部分の保障をカバーすることはできません。

そこでバイク任意保険があるのです。バイク任意保険の場合、対物賠償や搭乗者傷害保険といった、自賠責保険ではカバーされていないところも保障されています。しかも保障内容も自賠責保険と比較すると、かなり手厚くなっているのが普通です。
バイク任意保険とバイク自賠責保険の関係についてですが、まずは自賠責で保障できるところは保障をします。そして足りない部分を任意保険で補う関係性にあると思っていただくといいでしょう。

転職で悩む前にこちらのサイトで転職を考えている20代女性の本音が確認できます